薬剤師求人を探すための就職活動

薬剤師になりたいのであれば、当然のことながらどこかから薬剤師求人を探す必要があります。新卒者であれば大学の就職課に求人が来ることがあるでしょうし、インターネットの就職サイトを利用して求人を探すこともできるでしょう。とにかく何であれ自分で積極的に求人を探さないと始まらないです。就職活動を行っている時にはどういうところに薬剤師求人があるのかについていろいろとアンテナを張っていく必要があります。
今度はどういうところで働きたいのかというと薬剤師でも調剤薬局や病院薬剤師、ドラッグストア、企業の勤務薬剤師、MR(Medical Representative)と言われる医薬担当情報者、研究開発など様々になります。薬剤師になりたいと言っても、調剤薬局で働くのとMRで働くのとでは全然仕事内容が異なってきます。調剤薬局の薬剤師であれば薬剤師の資格を取得しないと就けない仕事になり、医師の処方箋に基づいて調剤を行ったり、副作用の説明や薬の飲み方などの服薬指導を行います。それに対してMRというのは薬学部卒業でないと就けない仕事ではなく、文系でも就ける仕事になります。MRは医薬品メーカーの医薬情報担当者として医師に医薬品の情報を提供する役割を負うと同時にメーカーの医薬品を薦めるというように営業の側面もあります。
大学の薬学部に入学しているということは薬剤師の仕事に昔から興味があるというわけでしょうから、6年間かけてどういう薬剤師になりたいのかということや薬剤師の仕事はどういう分野があるのかなどについてあらかじめ研究していくといいでしょう。場合によっては大学の先輩などにどういう仕事をしているのかについて尋ねてみるのもいいでしょう。卒業年次に慌てて就職活動をするのではなく、自分がどういう人間かとか薬剤師の企業研究については1年次からできるわけですから、少しずつ自分の将来について理解を深めてみるといいのではないでしょうか。