薬剤師求人に英語は必要か

自分が薬剤師になるときに、英語力という武器を使って働きたいという場合はどうすればいいでしょうか。一般的に薬剤師として働くために英語が必要かというと、正直言うと患者さんや働いている同僚が日本人相手であれば英語は全く必要がありません。ですので、TOEIC何点ということがさほどプラスに働くことはないことが言えます。ただし、英語力を必要とされる職場であればTOEICや英検などでの高いレベルの資格は有利に働くことになるでしょう。今回は英語が得意な人に向けて英語力を活かせる職場について紹介していきます。
まずは薬局やドラッグストア、病院などで働くのであれば、外国人とのやり取りが発生するような場所では需要が高くなります。例えば、空港内などにオープンしているドラッグストアや外国人居住者が多い地域での調剤薬局、外国人向け病院やクリニックの薬局などではさすがに英語力が求められます。外国人とコミュニケーションを取らなければ仕事にならない場所にはそれ相応の英語力が必要になります。
海外の病院で薬剤師として働くということを考える人もいるかもしれませんが、日本の薬剤師の資格では海外の病院で薬剤師として働くことはできないです。もし海外の病院で薬剤師として働きたいのであれば、その国での薬剤師資格を取得しなおす必要が出てきます。
薬剤師の資格を持っていて英語力があるという場合には一般的には製薬企業で働くケースが多いのではないでしょうか。外資系製薬企業やヘルスケア企業、医療機器メーカーなどに働くという場合には、どういう職種であれ薬剤師の資格を所持していて英語力があるということで可能性が広がっていきます。その場合には他国の拠点と協働してプロジェクトを進めることがありますので、その時のやり取りとして英語でコミュニケーションをとる必要が出てきます。日本の製薬企業であっても海外の製薬企業との取引やグローバル展開などで英語が必要になるケースはあり得ます。